カサブランカ

2019.07.21 Sunday

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    昨日だったか、一昨日だったか、今年初の蝉(夏の蝉)の声を聴く。

    今日は走っていて、合歓の木の花が咲いているのを見る。

    少しずつ時は移ろっている。

    毎日曇りか雨でまるきり変化を感じない外の景色。

    実際は勿論変化している訳だけれど、

    日を見ないせいなのか、どうにも印象が薄い。

     

    この季節、職場はカビだらけだ。

    朝仕事場に入ればまず感じるのは強いカビ臭だ。

    除湿器が欲しいが、、、、、(そんなもんじゃ勿論駄目だろうけれど)

    掘っ立て小屋みたいな多分昭和40年代頃の建物だ。

    無理も無いというべきか。

     

    そういえば、道沿いの家で桔梗が既に咲いていた。

    今まで見た中でも大きな花だったな。紙風船のように膨らんでポンと咲いてゆく(イメージ)!!!

    先週、親の住む庭ではカサブランカが大輪の花を咲かせていた。

    茎が細いのもあるが、頭が大きくて傾いでいる。

    雨の中だからか、香りも薄い。まあそれでも立派。

     

     

    庭の一隅に咲くように色の着いた葉、“ハツユキカズラ”というらしい。

    可愛い感じの本当に小さな植物だ。色の着いている葉が若い葉とのこと。

     

     

    そして半夏生。

    葉の一部が白く化粧をしたようになる。

     

     

    色々な花を見ていると、なんとなくこころ穏やかになってゆく。

    好いもんだね。

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする