ひかりの間

2020.05.14 Thursday

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

     

    小綬鶏が鳴いている。

    あの独特の鳴き声で。

    鶯も鳴いている。

    風が気持ちよく窓から入る。

    陽のひかりは優しく差し込んでいる。

    開いた窓から。

     

    人はひとりだなあ、と思う。

    もちろんたくさんの人の助けがある。

    それでも最後の最後は周りの人がなんといおうと

    何人いようと、ひとりで死んでゆく。

    その人の死に方はその人の考え一つで

    変わってゆきそうだ。

     

    暑い5月。

    花が綺麗に咲いていて

    夢見がちな私はその中にやさしく包まれて。

     

    あー、なんて言葉だけの世界のことか。

     

     

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする