奔流になりつつある日々の合間で

2018.06.22 Friday

0

    JUGEMテーマ:日々のくらし

    これまでに、いくつかカメラを所持してきた。メインはOM-4として、

    サブでそれ以外を使ってきた。4X5ウッドのカメラ、中判カメラ、ローライ35クラッシック、他にもあるある。

    うーーん!なんと無駄金を使ったことだろう。

    そんな中で、印象に残っているカメラとして、

    アサヒフレックスがある。

    確か、俺が生まれるより前に生まれたカメラだ。

    一眼レフではあったが、二眼レフでよく見るように上から鏡像を見て、

    何故か静かに(俺の感覚として)、撮影するカメラであった。

    撮られる側は、撮影されていることを意識しないでいられるようなカメラだったと思う。

    (それは、視線が正面を向いていないからなんだろう)

    そうこのカメラは買ったときすでにポンコツに近い状態であった。

    だからよく撮影できない状況に陥った。

    さらにシャッター幕にすら本当に微少な穴が開いていたようだ。

    そう言う事で、かなりのボツフィルムが残っている。

    でも面白い写真が何枚か偶然撮れたのも確か。

    冬は寒さからシャッターをきると鏡が上がったまま降りてこない。

    1回1回なおしながら撮ったもんである。

    そういう意味では、このカメラは本当にかわいらしい素敵なカメラだった。

    その後使えなくなり、とうとう直さずに手放してからは、再び同じ機種を手にすることができていない。

    ほしいほしいと言っていながら、結局現在まで手にしていない。多分この先もないのだろう。

     

    以前はカメラは日々の暮らしの中にあった。

    そして現在はほとんど意識されない時間となり、カメラ(という機械)は思い出の中なのだ。

    撮った写真だけが今昇華して銅版画の元になっている。

     

    フォトエッチング「牡丹」小泉誠
    photoetching 「牡丹」 小泉 誠

     

     

     

     

     

    はじめて家に来た日

    2018.06.21 Thursday

    0

      JUGEMテーマ:ねこのいる暮らし

       

      我が家の2代目猫殿が初めてうちにやってきた時の姿。

      情けない顔をしているが、実は即座に飯も食べた強者だ。

      2015年5月29日。あれから実に3年である。

      猫殿は道で犬に吠えられようが、全く動じない。

      大型犬に近寄られてクンクンされようが、全く動じない。

      澄ましたもんだ。

      大成した、、、のか。分からないが。

      手になじむんだ

      2018.06.20 Wednesday

      0

        JUGEMテーマ:日々のくらし

        20歳くらいのころから、ずっと使ってきたカメラがとうとう壊れたらしい。

        もうかれこれ30年くらいになる。

        直しに出せば直るのかもしれない。

        けれど、以前出したところはもう辞めてしまったし、

        ネットで調べると場所が遠い。

        どうにも気が乗らないのはどうしてだろう。

        なかなか出そうという気にならない。

         

        世間では、

        もうすでにフィルムの時代は過去のようだ。

        俺の中ではどうか。

        まだ、答えは霧の中だ。

        デジタルは楽そうだけれど

        フィルムのあの写りに未だ魅力を感じてもいる。

        そして、このカメラのこの単純さにも魅力がある。

         

        さあ、どうするのだろう。

         

         

        りすにであう場所

        2018.06.18 Monday

        0

          JUGEMテーマ:日々のくらし

          すやすや

          2018.06.17 Sunday

          0

             

            寝ている。至福、至福。